忍者ブログ

tajimi Street

ギンギツネの私的なブログ

2019.04.20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.10.22
先日、放送大学の学生証か発行されたので、多治見分室へ取りに行った。

分室には、年配の学生らしき人が数人集まっていた。
定年過ぎてからの生涯学習なのだろう、軽く挨拶して待っていると、担当者が来たので申請して学生証を貰った。
これで私も、晴れて大学生となったのだ。

登録したのは、こころとからだ、市民と社会を生きるためにの2科目。
本当は4科目、年間8科目は取らないと卒業が遠のくが、まあ、最初は様子見で2科目にした。

教科書を読み終え、放送授業のカセットとCDを借りて聞いてみた。

実は9月の終わりに教科書は送られて来たので、毎日少しずつ読んでいたのだ。
そして通信テストもやってしまい、後は送るだけ。
これが受かれば来年の単位習得試験が待っている。

話は戻るが、カセットやCDを聞くよりも教科書を読んだ方が頭に入ると感じた。
CDの講義を聞いていても、つい他事を考えてしまい、なかなか集中出来ないのだ。

内容の方も、なかなか興味深い内容で、読んでいて面白い。
危険物や電気工事士のように、ただ暗記するだけではなく、自分も考えながら進めて行けるところが良い。

何にせよ、卒業したいものだ。
PR
2009.07.07
先日放送大学の説明会に参加してきた。

多治見分室の申し込みが20人を越えると、入学金が半額になるので、興味のありそうな友人に声をかけ一緒に行った。

会場は狭い一室、正直20人も集まっていない、説明会が始まり暫くすると、何人かやって来たが20人には満たなかった…

最後に学習室を見せてもらい、一時間程で説明会は終わった。

友人は、通信制の大学中退なので、三年に編入出来るか聞いていた、出来ればかなり卒業が近くなる。

私は編入は諦めていたが、もう一度専門学校に問い合わせてみると、なんと編入出来るとの事。
これはありがたい、何単位免除になるか分からないが、10年覚悟していたのが、5年になればラッキーである、早速手続き開始。

何がどうなるか分からないが、自分の出来る事を一つ一つやって行こうと思う。
2009.06.22
家に帰ると、ポストに分厚い郵便物が入っていた、何だろうと、封を開けると、放送大学の入学願書と入学案内だった。

先月、放送大学の多治見分室に頼んでおいた物だ。
プログラムを開き、本当に自分に出来るのか不安になる。

私は、何を学びたいのだろうか、ただ漠然と、生活と福祉科もしくは、人と心理科にしようと思うが、もうすぐ入学説明会があるので、それをよく聞いてから選ぼうと思う。

ありがたいことに、多治見には放送大学の分室があるのだ。
駅前にある、まなびパークの6階だ、しかし面接授業と単位認定試験は、岐阜市にある岐阜学習センターまで行かなくてはいけない。
まあ、そこは割り切ってやるしかない。

専門学校を卒業していると、三年次から編入出来ると書いてあったが、私の通っていた、写真専門学校は、当時まだ総務省の認可を受けていなかったので、残念ながら編入は無理のようだ。
仕方ない、十年かけて卒業するか。
  BackHOME 
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/09 管理人]
[01/08 ゆう]
[09/27 ブリュッセル ホテル]
[12/14 管理人]
[12/14 管理人]
プロフィール
HN:
gingitune
性別:
男性
趣味:
copen
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/19)
(09/21)
(09/23)
(09/25)
(09/27)
カウンター
お天気情報

tajimi Street wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]