忍者ブログ

tajimi Street

ギンギツネの私的なブログ

2018.11.13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.09.22

 台風15号、久しぶりに多治見にも被害が出た台風だった。
最初は精々強い雨程度だとなめていたが、高速道路のみならず一般道路も通行止が相次ぎ、多治見は孤立状態になってしまったのだ。

私は20日は仕事で岡崎へ行っていた。
行きは東海環状を通った、ちょっと強い雨が降ってはいたが、たいして気にもせず運転していた。
岡崎に着き、道路がプール状態になっているのに驚いた。
よほどの大雨が降ったのだろう、私は4トントラックだったので水を掻き分け難なく進めたが、乗用車は危なそうだった。

そして仕事も終わり帰りが大変だった。
高速道路が通行止らしいのだ、ラジオの道路情報を聞くと、東海環状は通行止、東名と中央高速も小牧ー多治見は通行止・・・これは困った。
仕方なく春日井から降りようと考え東名に乗った。
途中で(中央高速が通行止なら、19号線も渋滞だな)と考え、日進JCTから名古屋瀬戸道路に入り248号線で瀬戸から帰ることにした。

これが大正解だった。 後から分かったことだが19号線は通行止だったのだ。
瀬戸からもあちこち通行止があったが、なんとか3時間遅れで会社に到着できた。途中土砂崩れも何ヶ所かあり、台風の恐ろしさを感じた。

しかし、東海環状はすぐに通行止にするので困る、土砂崩れのためとか言っていたが、今日通って見た限り、土砂崩れなど無かったし、土砂崩れがあったら一日で復旧出来る訳もないが。
多分、安全の為だろうが、簡単に通行止にすると、他が大渋滞になって本当に困るのだ。

多治見市内は、あちこちに水没して動けなくなった車が散乱していた。 
土岐川も一時期溢れそうになったが、なんとか溢れず助かった。 土岐川が溢れたら私の家も浸水していただろう。

多治見市内は、通行止で孤立していたので、意外と空いていて、閑散としていた。
兎に角、家も車も無事でよかった、神に感謝である。



 

PR
2011.03.26

とんでもない大災害がおき、私はブログ更新する気力も湧かなかった。
災害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

東日本大震災の起きた日、私は配送を終え会社に戻り、トラックの中で日報を書いていた。
するとトラックがフワフワ揺れだした。
私は強風と勘違いして 「いやに風が強いなー」 と思っていた。 日報が書きづらい程の揺れで、結構長い時間揺れていた。 日報を書き終え、トラックを降りると、事務所の前に同僚が出てきていた、そこで初めて地震であった事を知った。

しかし、これと言って被害も無く、いつもの地震程度に思っていた。
それがこんなにひどい災害だったと知ったのは、かなり時間が経ってからだった。

地震に津波、原発事故・・・特に原発事故には驚いた。
一時は本当に危険な状態に陥っていてみたいで、ニュースを見るこちらまで緊張でドキドキしてしまった。
日本はどうなってしまうのだろうか、とも思えてしまった。

でも、勇敢なハイパーレスキュー、警官、自衛隊の命を賭けた活躍のおかげで、何とか乗り切ったみたいで、本当に感謝します。
特に放射能の恐怖と、いつ大爆発するか分からない最前線で活躍された尊い人達、「日本を救ってくれてありがとう」

一度も現場へ行かず、安全な場所から、偉そうに命令だけしていた、お偉方にはムカついたけど、まあそれはさて置き、私にも何か出来ることをしなくてはいけないなっと思う。
2009.11.13
現場に向かう途中、やけに混んでいるなと思ったら、事故だった、それも人身事故。

白い乗用車の前に、70代のお爺さんが倒れていて、運転手がオロオロと呼び掛けているが、お爺さんは、ピクリとも動かない。

周りには野次馬が集まり人だかりが出来ていた。
私は止まる訳にもいかず、通り過ぎたが、他人事ではない、何時自分が当事者になってもおかしくない。

その少し先で、スクーターと車の接触事故があった。

何かこの辺りに、悪い物が居るんじゃないかと、より慎重に運転し、通り抜けた。

運転手をしていると、たまに立て続けに事故に遭遇したり、取り締まりに遭ったりする。
そういう周期があるのではないかと考えてしまう。

また昨日も車とバイクの事故を見た。

ワゴン車の横に中型バイクが突っ込んだのだ。
ワゴン車の横が大きく凹み、バイクは無残に大破、救急車が行った後だったが、かなりの重傷か死亡したのではないかと思われる。

こういうのを見ると、バイク欲しい病が引っ込むのだ。

兎に角、無事故無違反を心がけたいものだ。

2009.11.02
先日の火事から数日が経ち、色々な情報が入って来た。

火事がおきたのは、この辺りでは有名な、だだっ広いお屋敷の敷地内にある建物の一棟だった。

残念ながら、そこの娘さんが一人焼死されたました、御冥福申し上げます。

しかし火事は怖い、泥棒なら金品だけだけど、火事は根こそぎ奪って行く、財産だけでわない、信用も評判も無くすのだ。
この家も暫くは肩身の狭い思いをするのだろう。

お金持ちなら兎も角、私の家が火事になったらどうなるのだろう。
多分、焼け跡にテントを張って暮らすしかないだろう、ああ恐ろしい。

地震なら国が仮設住宅を建ててくれるだろうが、火事は自己責任なので焼き出されるだけだ。
気を付けねば。
2009.10.31
22044ed5.JPG私が物音で目覚めたのは深夜三時半であった。
何か外で人の叫ぶ声がする。
そして、ディーゼルエンジンの音。

この辺は時たま、観光バスの集合場所になっているので「うるさいなー、また観光バスか、早く行けよ」と思ったが、何か様子がおかしい。

外を覗くと、消防隊が居る「……? えっ、火事??」

部屋の窓を全開にして見ると、真ん前の銀行の裏の建物から、モウモウと煙が出ている。
その建物の周りを、消防隊が慌ただしく走り回っていた。

しかし、見ているうちに、火は見えないし、これは鎮火しそうだったので、逃げる準備は止めて、カメラを持ち出し写しだした。

次の日、人に聞くと、市のサイレンや放送、消防車のサイレンがけたたましく鳴り響いていたというが、私は夢うつつで全く聞こえなかった。
もし、自分の家が燃えていたら、確実に逃げ遅れていただろう。

それにしても、この辺りは火事が多い、このブログを書き始めてから、もう5~6軒は焼けている。
逃げる準備をしとかなくては、と思いつつ2~3日も経てば忘れてしまうだろう。

火の用心、火の用心。
 HOME : Next 
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/09 管理人]
[01/08 ゆう]
[09/27 ブリュッセル ホテル]
[12/14 管理人]
[12/14 管理人]
プロフィール
HN:
gingitune
性別:
男性
趣味:
copen
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/19)
(09/21)
(09/23)
(09/25)
(09/27)
カウンター
お天気情報

tajimi Street wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]