忍者ブログ

tajimi Street

ギンギツネの私的なブログ

2019.06.27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012.10.30
また訳の分からない夢をいくつも見て朝を迎えた。
気付けば5時だったので、比較的に良く眠れたのだろう、左手を動かしてみると、なんと腕が持ち上がるではないか、昨日行った左手の筋トレの効果だろう、左腕の筋肉痛が昨日やった何百回もの筋トレを思い出させる。 早速筋トレ、勿論トイレへ行く度のスクワットも欠かさない、すると昨日まで動かなかった親指や人差し指まで動く様になった。
昨日より握力も強くなり、ますます社会復帰に期待が持てる、兎に角、筋トレと休息をしっかり取ろうと思う。
今日は月曜日リハビリも始まるので先生も驚く事だろう、今日は母の緑内障の手術の日でもある、20分で終わるらしいが、是非とも上手くいって欲しいものだ。
朝食後トレーニングをし一休み、休息も大事だからね、今日も売店へ行こうと思う、リハビリ、リハビリ。
頭のリハビリの先生がやって来てリハビリ室へ、相変わらず頭の体操は苦手だ、部屋へ帰ると、今日はシャワーの日だと風呂へ連れて行かれ、シャワー浴 「うん気持ちいい」 シャワー後、そろそろ転院先を探そうと、下呂の温泉病院に料金を問い合わせると、友人の話と違い結構高い、とても払えないのでそこは断念、病院のソーシャルワーカーに近場のリハビリ病院の料金を問い合わせると、この県病院と同じ位との事、でも四人部屋で今はまだ空きは無いと言われ、転院ではなく、退院を目指そうと思う。
昼食後トレーニング、すると、今日の2時に緑内障の手術の為母がやって来た。
かなり不安な様だ、その最中に手のリハビリの先生がやって来てリハビリ室へ、左手の動きを見て逆に余り焦らない様諭された。
今日は色々道具を使ってリハビリをした。 道具を使ってのリハビリは初めてなので新鮮感じだ。
リハビリが終わり暫く待つと母が手術を終え帰って来た。 手術も無事終え、痛みも無かったようだ、良かった良かった。
母も帰りトレーニング、夕方先生がやって来て抜糸、糸じゃなく、ホッチキスだから、大きなピンセットでパチン、パチンと抜いていくんだけど、これが痛い、痛い。 どのみち避けては通れないから力の限り我慢、全部抜き終わり、安堵の一息。 
取り出した部分の検査結果を聞くとかいめんじょう血管種、出血を繰り返し大きくなって行く血管の奇形との事。 取り敢えず全部取ったが再発の可能性はゼロではない、と脅された。 まあ普通の人が脳出血を起こす位の確率だから、なるようになれである。
抜糸後血が出ていたので枕を汚さないよう夕食まで車イスに座っていた。
夕食は鰤の煮付け、味も薄くなく美味い。 さてさて今日も終わり、トレーニングして寝よう。


PR
2012.10.29
本当眠れないと夜が長い、勿論睡眠導入劑は貰っているが効かない。
明け方あくびと共に手が開く感じがするので、見てみるとたしかに開き出した。 腕も持ち上げる感覚が多少分かりだした、まだ持ちあがるまで行かないが、筋肉が動いているのが分かる。  しかし、たったこれだけ動かすだけで、右脳が疲労困憊する。 再出血しないよう、ほどほどで切り上げる、まあ多少進歩ありだ。
朝食後いつもの窓辺でボーッと外を眺める、今日はリハビリも休み、退屈な一日になりそうだ。 ちょっと冒険して、一階の売店に行ってみようと思う。
スクワットの成果か、立っていてもかなり安定してきたので、昼間の頭がはっきりしている時だけ歩行訓練再開、ベッドから窓まで歩いていると、間が悪い事に回診の先生が入ってきた。
歩いているところをしっかり見られ、「左足は歩けるくらい回復しましたね、でも転んだら台無しですよ」と諌められた。
ベッドに戻りちょっと閃き、左手の腕立て伏せをしてみた。 左手をベッドに付け右手でしっかり冊を掴み体重を左手に掛ける、左手で体重を押し返すように三十回、これを3セット繰り返すと、段々右手が要らなくなり、左手だけで体重を押し返せる様になった。
するとみるみる握力が出てきた…オーッ、これは大きな進歩だ。 左足の時もそうだったけど、本当筋肉だなっと思う、筋肉が付き出すとどんどん動く様になる、指はどうすれば筋肉が付くのだろうか、色々工夫しながらやっていこう。
昼近く売店へ行ってみる事にした。 車イスに乗り右足で漕ぎ、手すりのある所は右手で手すりを掴みながら、ナースステーションの前を二ヶ所通らなくてはならないのでドキドキしたが、思いきって 「売店へ行ってきます」 と声を掛けると、あっさり「 気を付けて」 と言われた。 これはそろそろ転院だなっと思う、兎に角病院は殆ど手すりが付いているので、簡単に行けた。 
バナナと巨峰とブラックコーヒーを買い部屋へ戻る、なかなか良い気分転換だった。 バナナを食べ、コーヒーを開けようと思い……この缶は飲み口がネジになっていて、両手で掴んでパキッと開けるタイプ、どう頑張っても右手だけでは開けられず困った。 仕方な
いので、左手で掴んで開けようとするが、左手の力が弱く開かない、何度も繰り返し、頭の血管が切れるほど握りしめやっと開いた。 これは良いリハビリだ、コーヒーを飲み一息つき、つくづく思う、健康な人が普通に出来る身の回りの事が、左が動かないと出来なくなってしまうのだなっと。
昼食後窓辺で左手のイメージトレーニング、ベッドへ戻り左手の筋トレをし、一休み。午後は左手の筋トレを三十回を何度も繰り返した。 
今まで使ってなかったのですぐ筋肉痛になったが、気にせず繰り返す。 3時ころ休息し、先ほど買った巨峰を食べた。 美味い、ブドウは脳の唯一の栄養素のブドウ糖が豊富だから脳に良いと信じ食べた。 
4時頃母がブドウを持って来てくれた。 明日のおやつ確保、母も明日緑内障の手術だから、不安の様だ。 
ここの病院はまず失敗は無いと勇気付けるが、不安な気持ちはよく分かる。 母が帰り筋トレ、休息。
夕食後トレーニングし、後は寝るだけ、明日は抜糸いよいよ大詰めだな。


2012.10.28
相変わらず熟睡は出来ないが、うとうとした夜が明け朝が来た。
知らない間に頭のネットとガーゼが取れていた。 鏡で見ると、傷口がホッチキスで止めてある、ヘーっ、今は糸で縫わずホッチキスで止めるのかっと感心する。
これは手術前からだが、左手足に意識を集中して、頭と繋がるイメージを、朝昼晩と続けていた。 そのお陰か、左足は動くようになった。 しかし左手はなかなか動いてくれない、この間から明け方あくびをすると左手に力が入る感じがするので、何かこの辺りに突破口があると思いあくびする度に力がをいれていた。 そうしたら、今朝左手に力が入り、微かに動いた気のせいかと見てやると、本当に中指だけ微かに動いている、オーッやっと来たかと、何度も繰り返す、ただ凄く脳をつかうみたいで、傷口から血が吹き出しそうなのでほどほどで打ち切った。
何かやっと先が開けて来た感じだ、これから血が吹き出さない程度に動かして行こう、そうすれば、徐々に他の指も動くようになるだろう。
朝食後先生の回診があり、指が動く事を伝え、ベッドで休息、手のリハビリの先生がやって来てリハビリ、やはり少しづつ肩や腕が動くようになって来た。 まだまだ自分では動かないが、ぼちぼち頑張って行こう。
昼近く頭のリハビリの先生がやって来た。 相変わらず頭を使うのは苦手だ。 パズルや早口言葉は、元々苦手だから、まだ完全に頭がクリアではない今は尚更だ。
昼食後、左手を動かしてみるが大きな進歩もなく、中指だけ少し動く程度だ、まあ焦らずぼちぼちやっていこう。
暫くすると、同僚が三人見舞いに来てくれた。  私が倒れたと同時に経営陣が替わってしまったので状況を聞くが、今のところ大きな変化は無いとの事、でも徐々に変わって行くだろう。 暫く入院の経過や会社の現状を話し、帰って行った。 皆の不安が伝わって来る。
足のリハビリ後、良い天気なので外の山々を暫く眺めていた。 絵とは違い、木々が風に揺れ躍動感があり美しい。
夕方になり、今日は、母はどうやら来ないので、自販機まで車イスで、コーヒーを買いに一人で行った。これもリハビリ、良い気分転換になった。 夕食後、左手の運動をしてみ
たが大した進歩は無い、さて、今日も終わりだ。

 
2012.10.27
夢は忘れてしまったが、まずまず眠れた感じだ。
夜中に何度かトイレへ行ったが、トレーニングは欠かさなかった。多分近々歩行訓練が始まるだろう、左手は分からないが車イス生活は回避出来そうだ。
朝が来て朝食後先生が回診に来た。 私の症状を見て、もう大丈夫だなっと呟いた。 これはいよいよ転院だな、まだ骨が付くまで一月はかかるかし左手が動かないから、リハビリ病院へ転院だろうが、兎に角もう少しでここは出なくてはならないようだ。
トレーニング後ベッドで寝ていると、会社から電話があった。 今日の午後社長が見舞いに来てくれとの事、何とか復帰出来るとアピールしたい。
頭のリハビリの先生がやって来て、また初めてのリハビリ室へ行った。 パズルの様なテストを何回も行った、手足のリハビリより苦手だ、まだ手足を動かしていた方が良い、私もつくずく体育会系だなっと実感する。
昼食後足のリハビリの先生がやって来てリハビリ室へ、段々ハードになっていく。 続いて手のリハビリ、僅かに握る力も出てきたとの事、ぼちぼちとやっていこう。
午後3時過ぎ、社長と所長が見舞いに来てくれた。 私が復帰出来そうか様子を見に来たのだろうが、とりあえず待ってくれそうなので感謝、感謝。 その後母がリンゴとバナナを持って来てくれた。 
母ももうすぐ緑内障の手術を、この県病院でする予定なので不安なようだ。
身内が立ち会わなくてはいけないので、私が立ち会うと言うと病人で良いか?と不安がる。是非上手く行って欲しいものだ。
母が帰った後、片手では切る事も出来ないので、リンゴを洗って皮ごと丸かじりで食べた。
バナナは明日のおやつにとっておこう。 夕食後、車イスに座り窓辺にたたずみ、リハビリ病院どこにしようかとボーッと考え込む、やはり現実的に近い所かな、下呂の温泉病院も魅力的だか、遠すぎて現実的ではないな、やはり母が通える近場のリハビリ病院が現実的だ。
さあ明日から土日、リハビリもなく暇な2日になりそうだ。


2012.10.26
寝ていると頭の中でプクプク音がする、手術で残った空気が出ていっているのか、修復している音なのか、不思議な感じだ。
昨夜は車イスが面倒なので、歩いてトイレへ行った。見付かると怒られるが、個室は部屋にトイレが付いているから見つかる心配はない、ただ転倒だけ気をつけて行った。
昨日から、トイレへ行く度にトレーニング開始して、立っているのがかなり安定してきた、それに左足の調子が手術前より良くなっているのが分かる。 ただ睡眠は相変わらず浅くて短い、本当ぐっすり眠ってみたい。
朝食はバナナとパン2個、味噌汁と煮物、やっとお粥から解放された。ありがたく完食後トレーニング、この部屋は窓際に掴まる所が無いので困る、仕方ないので立つのはやめて、車イスに座り外を眺める。
ベッドから窓際まで歩いてみた、なんとか歩ける、三往復してベッドで一休み、すると今日担当の看護師がやって来て、余り一人で歩き回らない様に注意された。これも何かの警告と受け止め、これからトイレは、面倒でも車イスで行くことにしよう。
看護師に聞いたら、頭蓋骨は接着剤もボルトもなくただ取った部分をパカッとはめてあるだけとか…それはヤバイ、転倒したら脳ミソが飛び出してしまうかもしれない、骨が付くには一月位かかるから、無理は禁物と自分を戒める。
今日はシャワーの日、シャンプーは怖いから断るが、雑菌が入るといけないと強制シャンプー、何とか無事に終わり昼食、マンゴーが旨かった。
トレーニング後おとなしく休息。 リハビリの先生がやって来て、今日はリハビリ室でやるとの事、二階のリハビリ室へ初めて行った。色々な道具箱があり、良い気分転換になった、左手もなにやら少しづつよくなっているらしい、左足はスクワットのお陰でかなり良い、すぐにでも歩行訓練が始まりそうだ。
苦手なことばのリハビリも終わり後は夕食食べて、今日も終わりだ。

 
  BackHOME : Next 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[01/09 管理人]
[01/08 ゆう]
[09/27 ブリュッセル ホテル]
[12/14 管理人]
[12/14 管理人]
プロフィール
HN:
gingitune
性別:
男性
趣味:
copen
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/19)
(09/21)
(09/23)
(09/25)
(09/27)
カウンター
お天気情報

tajimi Street wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]